査定のコツ

走行距離が中古車買取の価格にどれくらい影響を与えているの?

中古車の買取で重要なポイントだとされるのが走行距離だよね。
車ってのは良くも悪くも消耗品である側面があるから、どうしても走行距離なしでは語れないものだと思って欲しい。
あまり知られていないけれど、日本の中古車市場はけっこう厳密にルール作りがされていて、一定の品質をもったものを全国的に利用できるようになっているんだ。
そこで重要なのが走行距離というワケなんだよね。
当然だけど、買取査定でも重要な項目で、査定額に大きく影響してくるよ。

一般的に中古車買取の査定時に調べられる走行距離には目安があるんだ。
普通自動車なら1年間で1万キロ、軽自動車なら1年間で8000キロと決まっている。
誰が決めたのかって言うと、一般財団法人である日本自動車査定協会という組織だね。
上でも触れたけれど、この協会が厳密にルールが定めているから、日本全国で一定の品質を保った中古車が買えるってワケだ。
普通自動車に限っていうと、仮に年式が5年の車があったとしようか。
この場合、5万キロが標準的な走行距離になるから、仮に7万キロ走っているのなら過走行車とみなされるワケだね。
反対に3万キロ程度しか入っていない車であれば、年式の割には走行距離が少ないので、査定でも高い評価に繋がると考えて欲しい。

ここで1つポイントなのが、過走行車は別として、走行距離は少ない方が査定額がアップするのって話だよね。
1年間で1万キロ未満の走行距離だと、確かに査定額がアップするんだけど、実は逆に走行距離が足りな過ぎる車ってのも減額の対象になるんだ。
なんでかって言うと、車ってのはある程度走らしていなければ、中の部品が劣化してしまうものだからだね。
勿論、車検なんかのタイミングで部品交換することはあるだろうけど、すべての車で同じように劣化が起こるワケでもないので、きちんとメンテナンスが行われていても、場合によっては劣化していることもある。
なので、年式が5年ほどあるのに、総合の走行距離が2万キロにもなってないってケースだと、逆に査定額が減っちゃうんだよね。

-査定のコツ