純正オプション品は中古車買取の査定額にどんな影響を与えるのか

捨て値でいいから愛車を売りたい、なんてのはよっぽどのお金持ちだけだよね。
羨ましい話ではあるけど、小市民としては少しでも高く買ってもらいたいので、純正品オプションの話をしてみよう。
車をディーラーで新車購入する時なんかに聞かれるのが、純正オプションをつけるかどうかなんだけど、大抵の人はちょっとしたモノをつけているだろう。
最近だとカーナビやETCなんかは必須だしね。

この純正オプションが中古車買取の査定ではどんな扱いになるのかというと、実はけっこうなプラス査定になるんだよね。
オプションには純正品以外にも、社外品のモノを利用している人も沢山いて、むしろ、車好きの人からすれば純正オプションなんてダサいよなんていう人も多い。
他にも理由なら、純正オプションよりも高品質だから、社外品のモノを使っているケースも少なくないよね。
だけど、基本的に中古車買取の世界では、社外品よりも純正オプションの方が好まれているんだ。

どうして純正オプションが好まれるのかなんだけど、それは中古車市場を利用する大部分の人たちが車にそこまで興味がないからだ。
車が好きな人からすれば信じられない話だろうけど、これが事実なんだよね。
例えば、彼女から車にお金かけてバカみたい、なんて言われた経験ある人も多いんじゃないかな。
これと同じ図式で、中古車市場を利用する人のほとんどは、オプションにあまり興味はないんだ。
あればいいなという程度で、そこに品質の高さや見た目の良し悪しなんかは関係ない。
ただオプションがあるのなら、純正オプションなのかどうかが重視されると言うことだね。
誰だって、知らないメーカーのオプションより、購入する車と同じメーカーの方が安心できる、これが中古車市場における真理、マジで。

中古車買取の市場とは、結局、需要が大きく価格に影響を及ぼすんだ。
だから、もし社外品ではなく、純正オプションをつけている車を買取して欲しいって言うならラッキーだと思って良いね。
純正オプションなら、そのまま買取に出しても、プラス査定になるはずだから。
同じ純正オプションでも、限定使用のオプションなんかだと、さらに金額に期待できるよ。