査定のコツ

バッテリーの上がった車は中古車買取してもらえないのか?

車を売ろうと思った時に、バッテリーが上がっていたなんてこともあるだろう。
車のバッテリーが切れるか切れないなんてのは、タイミングの問題でもあるので、たまたま買取してもらう時に切れるかもしれない。
そんな場合でも、中古車買取はしてもらえるのかって不安に思う人も多いと思う。

結論から書いてしまうと、バッテリーが切れた車でも買取が可能だ。
というのも、そもそもバッテリーが切れることについては、そこまで大きな問題でもないからだね。
バッテリーは車の中でも重要なパーツの1つなんだけど、意外とその復旧は難しくない。
バッテリーを交換するのも1つの方法だし、他の車から電気をワケてもらうことでも復旧できるからだ。
なので、中古車の買取についても問題なく行えると考えて良いだろう。
素人がやってもそんなに難しくない作業なので、車のプロである買取業者からすれば造作もないことなのだ。
なので、バッテリーが切れたくらいで中古車買取をしてもらえない、なんてことはまったくないので、安心して欲しい。
ただし、買取をしてもらう時にはバッテリーが切れていることを、事前に申告しておく必要があるので、覚えておこう。

なぜ申告をする必要があるのかと言うと、バッテリーが切れている状態の車はエンジンがかからないからだね。
基本的に出張査定をしてもらうことになるんだけど、その時に売買契約が成立すれば、買取業者は車を持っていってしまうんだ。
なので、この時に車を動かせなければ、二度手間になってしまうので、事前に伝えておくと良いね。
そうすれば買取業者にしても、代替のバッテリーを用意したり、充電をするためのケーブルなんかを用意できるから、スムーズに取引ができるよ。
ちなみにだけど、悪質な業者だとバッテリー切れだと伝えると、買取できないと返答するケースもあるんだよね。
で、本来なら買取はできないけれど、今回は特別に買取をしますよといいながら、相場よりも安い査定額を提示するワケだ。
さっきも書いたように、バッテリー切れというのは査定で大きな価値を持たないから、まるきり詐欺みたいな手口だよね。
こうした業者がもしあれば、すぐに断ってしまうのをオススメする。

-査定のコツ