査定のコツ

中古車買取時に社外品オプションは外しておくべきなのか

車好きな人からすると、純正品のオプションなんかダサいから社外品をつける、というのも常識だよね。
実際に社外品の方が質の良いモノも多いし、デザインだって優れているのが多い。
だから、社外品オプションが良いというのも分かるんだけど、中古車買取を利用するには、実は損をするかもしれないんだよね。
では、どうして社外品オプションをつけていると損をするのか考えてみよう。

そもそも高価で高品質な社外品オプションをつけているのなら、買取額がアップしても当然でしょと思うだろうけど、これが間違いなんだ。
高価な社外品オプションをつけているのに、中古車買取だと査定が上がらないのか、それはシンプルに人気がないからだと思って欲しい。
中古車の市場は良くも悪くも消費者の需要が大きく買取額に反映するんだけど、一般的な中古車ユーザーからすると、どんなに高価で高品質な社外品のオプションであっても、純正品のオプションの方が評価されるんだ。
車好きの人からしたら、信じられないだろうが、これが真実なんだよね。
一般的な消費者はそこまでオプションパーツにこだわっていない。
だから、社外品オプションを見ても、違法な改造をしているんじゃないのとしか思わないんだよ。

だったら、社外品のオプションはどうしたらいいのだろうか。
とりあえず純正品のパーツが残っているのなら、買取前に全部とっかえてしまうのが無難だね。
カーナビやETC、ホイールやタイヤなんかのオプションにしても、できるだけ純正品に戻してしまおう。
自分でできないのなら業者に依頼するのも方法の1つだけど、査定額のアップと費用を比較しておく必要があるね。
既に純正品のパーツなんて売っちゃったのなら、そのまま査定を受けるしかないんだけど、あまり期待しない方が良いだろう。
取り外した社外品のオプションについては、別途専門の業者に売却したり、オークションなどにかけるのがオススメ。
その方が社外品オプションの本当の価値を分かってくれるので、高く売れちゃうんだよね。
ただし、中古車買取の業者によっては、高性能なナビとかだと、高く査定をしてくれることもあるそうだ。
なので、純正品オプションがないなら、中古車一括査定などを利用して、本来の価値を査定してくれる業者を探してみよう。

-査定のコツ